児童手当

制度の目的

児童手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援する制度です。 万一、子どもの育ちに係る費用(学校給食費、保育料など)を滞納しながら、児童手当が子どもの健やかな育ちと関係のない用途に用いられることは、法の趣旨にそぐいません。 児童手当の趣旨について十分にご理解をいただきますよう、お願いします。

児童手当のしくみ

平成24年6月1日

支給対象者
0歳から中学校修了前の子どもを養育している者
支給額
所得制限限度額以内の方
児童の年齢 支給月額(児童1人につき)
0歳~3歳未満(一律) 15,000円
3歳~小学校終了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳~小学校終了前(第3子以降) 15,000円
中学生(一律) 10,000円
所得制限限度額以上の方
児童の年齢 支給月額(児童1人につき)
中学校終了前の児童(一律) 5,000円
※第1子、第2子、第3子などの数え方は、18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童の出生順です。
支払時期
6月、10月、2月に、それぞれの前月分までが支払われます。

手続きの方法(はじめに行うこと)

認定請求
坂祝町へ転入、出生等で新たに児童手当を受給するには、支給事由発生日の次の日から数えて15日以内に認定請求書を提出してください。

認定請求に必要な添付書類等

このほか、必要に応じて別途書類の提出をお願いします。

手続きの方法(続けて手当を受ける場合)

現況届
児童手当を受けている方は、毎年6月に現況届により6月1日の状況を6月30日までに提出しなければなりません。提出がない場合は、6月以降の手当を受給することができません。

その他主なもの

区分 必要な手続き
出生などにより支給対象となる子どもが増えたとき 額改定請求書
支給対象となる子どもが減ったとき(いなくなったとき) 額改定届または受給事由消滅届
受給者がほかの市区町村へ転出するとき 受給事由消滅届
受給者が公務員になったとき 受給事由消滅届
受給者や児童の氏名が変わったとき 氏名変更届
支払金融機関の変更を希望するとき 支払金融機関変更届

寄附について

児童手当の全部又は一部を受けずに、坂祝町に寄附し、子ども・子育て支援事業に活かしてほしいという方は、簡便に寄附を行なうことができますので、お問い合わせください。