こどもの定期予防接種

子どもは病気に罹りやすく、罹ると重い症状が出たり、場合によっては麻痺などの障害が残る感染症もあります。 子どもは発育とともに外出の機会が増え、感染したり、他人にうつすことも多くなります。 保育園や幼稚園での集団生活に入るまでには予防接種で免疫をつけておきましょう。 定められた年齢までに接種を行えば保護者の方の費用負担はありません。 お子さんの体調を見て計画的に進めていきましょう。

定期予防接種

現在保健センターで行う集団接種はありません。すべての定期予防接種は、医療機関での個別接種となります。

以下の予防接種が定期予防接種となります。
  • BCG
  • ヒブ(Hib)
  • 小児用肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 4種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
  • 日本脳炎
  • 麻しん風しん(MR)
  • 水痘
  • 二種混合(DT)

※長期にわたる疾患のため、予防接種を受けられない方は、保健センターへご相談ください。
予防接種についてご不明なことがありましたら、お気軽に保健センターへお問い合わせください。

現在子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

子宮頸がん予防接種により、持続的な疼痛が伴うような副反応が報告されたことから、国では、原因やワクチンとの因果関係について現在調査中です。そのため、同副反応の発生頻度や因果関係が明らかとなるまで、子宮頸がん予防接種の積極的勧奨が一時的に中止されることになりました。

定期接種自体が中止となったわけではないので、接種を希望される方は、これまで通り無料で接種することができます。接種される場合は、有効性とリスクについて十分理解したうえで接種をお願いいたします。接種を希望される方は、保健センターまでご連絡ください。

日本脳炎特例措置

平成17年度から平成21年度にかけての接種の差し控えにより、日本脳炎予防接種の4回の接種が受けられなかった方は不足分の接種をすることができます。接種を希望される方は、予診票をお渡ししますので、保健センターにお越しください。

対象者
  1. 平成11年4月2日~平成19年4月1日生まれの方
    <措置内容>
    20歳になる前までの間に、不足している分を定期接種として接種できます
  2. 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方
    <措置内容>
    9歳以上13歳未満の間に、終了していない1期分を定期接種として接種できます
接種料金
無料
持ち物
母子健康手帳等の予防接種状況の分かるもの

予防接種は体に影響が無いよう、接種間隔が決められています。
接種間隔がうまくあかなくなってしまった場合は、保健センターへご相談ください。

予防接種予診票の書き損じ及び汚してしまった場合

母子健康手帳と予防接種予診票をお持ちになり、保健センターで予診票の交換、再交付を受けて下さい。

予防接種予診票を紛失した場合

母子健康手帳をお持ちになり、保健センターで予診票の再交付を受けて下さい。