一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療(人工授精)に要した費用の一部を助成します。

【令和4年4月から一般不妊治療が保険適用になりました】
令和4年4月から一般不妊治療が保険適用されるため、現在の助成制度は、令和3年度で終了しました。ただし、令和4年3月診療分のみ補助の対象となります。

対象者
  • 一般不妊治療の開始時点において法律上の婚姻をしている夫婦であり、治療期間および申請日のいずれにおいても夫婦の一方または双方が、町内に住所を有する方
  • 夫婦の前年度の所得の合計額が、730万円未満である方
  • 他で同一の一般不妊治療に係る助成を受けてないこと
対象の治療
産科、婦人科及び産婦人科、または泌尿器科及び皮膚泌尿器科を標榜する医療機関で受けた人工授精に係る保険適用外治療
助成内容
3月診療分から翌年2月診療分までを1年度とし、1年度につき、保険診療適用外の治療に対し、本人負担額として支払った金額の2分の1の額で、上限5万円まで助成。(ただし、1,000円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。)
助成期間は2年間とします。
令和4年3月診療分のみ補助対象となります。
申請
提出書類、印鑑(認印)をご持参のうえ、保健センターへ申請をしてください。
申請期限は、令和4年3月診療分については、令和5年3月31日まで。
提出書類
  1. 坂祝町一般不妊治療(人工授精)助成事業申請書兼助成金交付請求書
  2. 坂祝町一般不妊治療(人工授精)助成事業受診等証明書
  3. 一般不妊治療を受けた医療機関発行の領収書
  4. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類
  5. 夫及び妻の住所を確認できる書類
  6. 夫及び妻の前年の所得を証明する書類
※4~6は確認事項に同意され、本町で確認できる場合は省略可