保健センターからのお知らせ

<中華人民共和国湖北省武漢市で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎について>

2020年1月31日

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されています。

WHO(世界保健機関)や国立感染症研究所によると、現時点では新型コロナウイルス関連肺炎は、 家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的にヒトからヒトへ感染が広がっていく明らかな証拠はありません。 現在風邪やインフルエンザが多い時期であることも踏まえ、咳エチケットや手洗いうがい等、通常の感染対策を行うことが重要です。

(参考)「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」

〇コロナウイルスとは  人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。  人に感染症を引き起こすものはこれまでに6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS‐CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS‐CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

(参考)「ヒトに感染するコロナウイルス」国立感染症研究所ホームページ

〇武漢市から帰国・入国される方へ  帰国後、咳や発熱等の症状がある場合には、事前に医療機関に連絡の上、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診してください。  医療機関を受診する際は、武漢市の滞在歴があることを必ず事前に申し出てください。  新型コロナウイルス関連肺炎につきましては、直接医療機関等へ問い合わせることは控えていただき、不安な点がありましたら、可茂保健所(電話0574-25-3111 内線358)にお問い合わせください。

新型コロナウイルス関連肺炎に関する相談窓口を設置しました!

その他に新型コロナウイルス関連肺炎についてご不安な点等がありましたら、以下へご相談ください。

相談窓口一覧

(参考)「コロナウイルスに関する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス肝炎肺炎に関する情報」国立感染症研究所

Q&A


問い合わせ先 保健センター 電話番号:0574−26−7201